MENU
無料オンライン講座はこちらから
オンライン講座

不安・ストレスを手放し、一生仕事に困らない本当の安定を手に入れる方法

  • 課題を次々と解決している人が実践しているスキル
  • 上司や部下との人間関係の悩みを解決するメソッド
  • 「あなたが必要だ」と言われ続ける人材になる秘訣
  • これまでの経験を専門スキルに変化させる方法
  • 悩みや不安にとらわれず最大の成果を出す極意

など、5日間の無料オンライン講座でお届けします。

不安や悩みにとらわれない「しなやかなマインド」を身につける方法 その4

前回(不安や悩みにとらわれない「しなやかなマインド」を身につける方法 その3)

悩みや不安のとらわれから抜け出して、メンバーとの距離をグッと縮める3つのステップのうち、ステップ1・ステップ2をお伝えしました。

悩みや不安を客観視していくことで、とらわれから抜け出せるようになります。

さて、今回はその続きです。

ステップ3として、メンバーとの距離をグッと縮める方法です。

目次

メンバーとの距離をグッと縮める方法 ステップ3

結論としては「傾聴」です。

なんだ傾聴か、、、

と思われるかもしれませんが、あまり聞いたことがない話をします。

傾聴は、その名の通り、相手の話に耳を傾けて熱心に聴くことです。

昔から言われていますが、メンバーとの信頼関係をつくるために欠かせないものです。

会社の研修会や本で学んだことがある人もいるかもしれませんが、傾聴のスキルばかりを教える傾向にあると私は感じています。

相手が話した言葉をそのまま返す「オウム返し」や相手の身振り手振りをマネする「ミラーリング」など。

もちろん、こうしたスキルは有効です。

でも、スキルばかりを学んでもメンバーとの信頼関係は築けません。

なぜなら「このスキルを使わなくちゃ」と、頭の中がいっぱいの中で相手の話を聴いているからです。

そうすると頭の中は

「どう聴けばいいか?」

「次は何を言えばいいか?」

ばかりを考えるようになり、自分に視点が向いてしまうのです。

そうなると、相手の話を集中して聴けません。

相手に視点を向けていないことは、意外と相手に見抜かれているものです。

だから、メンバーとの距離がいまひとつ縮まらないし、信頼関係も築けません。

そこで、私がオススメしたいのは「感情を聴くこと」です。

相手が発してる言葉だけでなく、話し方や表情、声のトーンなども含めて観察します。

相手は、なにを訴えたいのか

なにが不安なのか

なにが不満なのか

など

相手は何を感じているのかを感じていくのです。

そのためには、全集中して相手を理解しようとしなければいけません。

スキルを使う前に

「私はあなたのことを理解したい」

という気持ちを持つことが重要なポイントなのです。

そうした気持ちがないまま、例えば、オウム返しと言われるスキルを使ったとしても、ただ相手の言葉を繰り返すだけなので、逆に聴いてもらえていないという印象を相手に与えてしまうことがあります。

そこで「誠実に向き合って、私のことを理解しようとしてくれている」と、相手に感じてもらうには質問することが有効です。

例えば、相手を観察して、なにか言いたいことがあるように感じたのなら

「さっき〇〇と言っていたけれど、それはこういうことかな?」

と、質問してみる。

質問することによって「私はこう理解したけれど合っているかな?」というメッセージになるので間違っていても問題ありません。

相手が「違います」と言えば「ではどういうことか教えて」と、理解し直すだけのことです。

このやり取りで相手が不快に感じることはありませんから、気にしなくても大丈夫です。

これを繰り返していくと、相手は

「自分のことをしっかり聴いてもらえている」

「理解しようとしてくれている」

と感じていきます。

そうするとメンバーとの間に、安全であたたかい空気が流れるようになっていくのです。

このようにして関係が変わっていくと、相手をさらに理解できるようになり、メンバーもあなたに相談しやすくなります。

そうなれば、お互いが本音で自分の意見を言えるようにもなります。

「感情を聴くこと」は、決して難しくありません。

会話をする前に、頭の中でメンバーの顔を思い浮かべて

「◯◯さんのことを理解したい」と、言葉にするだけです。

それだけで

「どう聴けばいいか?」

「次は何を言えばいいか?」

と考えていた自分視点から相手視点に変わります。

さらに、相手に集中できるようになるので、言葉だけでなく話し方や表情、声のトーンなどにも気づきやすくなります。

傾聴は話すことが苦手な人でもすぐに実践できます。

ぜひ、試してみてください。

とらわれから抜け出し未来へ向けて行動しましょう

さて、ここまで、とらわれから抜け出してメンバーとの距離をグッと縮める3つのステップをお伝えしてきました。

この3つのステップは、メンバーとの関係がギクシャクして困り果てていた私が実践し効果のあった方法です。

悩みや不安は消すことができない。

悩みながら生きていくのが私たち人間の自然な姿である。

悩みや不安が浮かんでも、とらわれない、しなやかなマインドを身につけて一歩踏み出してみる。

一歩踏み出すことができると、それは自分自身への誇りになりますから、顔つきは変わり目には輝きが宿り心はエネルギーに満ちていきます。

そのエネルギーをもとに私はメンバーと関わってきたからこそ、信頼関係をグッと深めることができました。

今回はリーダー向けにメンバーとの関わりを中心にお伝えしてきましたが、他の悩みや不安でも同じです。

ここまで何度もお伝えしてきましたが不安や悩みがあったとしても、とらわれから抜け出し自分が望む未来に向かって行動することはできるのです。

ここだけは、絶対に覚えておいてくださいね。

ここまで4回にわたりご覧いただきありがとうございました。

今後もブログやメルマガで発信していきますので、参考にしてもらえるとうれしいです。

無料オンライン講座はこちらから

オンライン講座

不安・ストレスを手放し、一生仕事に困らない本当の安定を手に入れる方法

  • 課題を次々と解決している人が実践しているスキル
  • 上司や部下との人間関係の悩みを解決するメソッド
  • 「あなたが必要だ」と言われ続ける人材になる秘訣
  • これまでの経験を専門スキルに変化させる方法
  • 悩みや不安にとらわれず最大の成果を出す極意

など、5日間の無料オンライン講座でお届けします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次