あなたが一歩踏み出せない心理的理由と効果的な対策

新しい仕事に取り組みたい、目標を達成したい、今の自分を変えたい。

そう思っても一歩踏み出せないことがありませんか?

なぜなら、あなたのマインド(心の声)がささやくからです。

「あなたにはムリかもよ・・」

「やらないほうがいいよ・・」

だから、一歩踏み出したいのに、踏み出せないまま、何も変わらない日々が繰り返されてしまう。

今回は、あなたのマインドのささやきにダマされず、一歩踏み出す方法についてお伝えしていきます。

※マインド=「心の声」と定義します

目次

あなたが一歩踏み出せない心理的理由

マインドがささやく

例えば、仕事で上司に改善提案をしたいことがあっても

やめておいたほうがいい

提案しても失敗するかもしれない

と、あなたのマインドがささやいてきませんか?

このささやきが、なかなかやっかいなのです。

なぜなら、マインドのささやきは強烈なパワーをもっているため、私たちはその言葉を瞬時に信じ込んでしまいます。

直前まで持っていた提案したい気持ちを一瞬で吹き飛ばしてしまうのです。

だから、改善提案をやめてしまいます。

すると、

  • やりたいことができなくなる
  • 自分のチカラを発揮できなくなる
  • 前に進めなくなる

などなど。

これでは目標があっても遠のくばかりですし、結果として充実した人生になりづらい。

そもそも、未来はどうなるか誰にもわかりませんよね。

上司に改善提案をして、ほめられるかもしれないし、成功するかもしれない。

なのに、マインドのささやきひとつで行動を止めてしまうのです。

でも、マインドのささやきにダマされず、前に進んでいる人もいます。

その違いは一体なんでしょうか?

一歩踏み出している人がやっていること

本当だろうかと自問してみる
本当かと自問してみる

一歩踏み出している人は、どうして行動できるのでしょう。

それは、マインドが「あなたにはムリかも・・」と、ささやいてきても「本当にそうか?」と常に検証しているからです。

どういうことか、例を出して説明してみます。

例えば「国家資格に挑戦したい」と、考えたとします。

でも、自分の能力ではムリだろうな・・

記憶力だって良くないし合格することは難しい・・

このように自分のマインドがささやいてきたら、まず紙に書き出してみます。

そして、客観的に眺めながら、「本当に本当だろうか?」と自問してみるのです。

すると、ネガティブなことをささやいていたマインドがおとなしくなって、検証材料を探し始めます。

例えば

自分と同じような不安を持ちながらも合格した人はいないだろうか?

記憶力に自信がなくても合格できた人が近くにいないだろうか?

このようにささやき方が変わってくると、インターネットで合格体験談を探したり、資格を取得した同僚や友人から話を聞いたりと行動が変わります。

すると、「ムリだろうな・・」のささやきが減っていき、「自分にもできるかも」へ徐々に変わっていくのです。

私は今、フリーで仕事をしていますが、独立するかどうか悩んでいたときは、マインドのネガティブなささやきがいつも聞こえていました。

  • あなたは営業経験ゼロ
  • ネットワークも狭い
  • 飛び抜けたスキルもない
  • ムリでしょ

こうしたささやきでループ状態です。

だから、一歩踏み出せずにいました。

そこから独立へ一歩踏み出せたのは先ほどお伝えしたとおり、マインドのささやきを書き出して「本当にそうか?」と自問と検証を続けていったからです。

営業経験がなくても、ネットワークがなくても独立して成功した人はいるのではないか?

そこで、セミナーに参加して起業したときの話を聞いたり、すでに独立してる人にお願いして話を聞かせてもらったり。

こうした行動をしたことによって、「自分にはムリかも・・」のささやきが、徐々に減りました。

そして、「自分でもできるかも・・」が増えていきました。

一歩踏み出せない人がやってしまいがちなこと

ループ

一歩踏み出せない理由は、マインドのネガティブなささやきを信じ込んでしまうからです。

ささやきを信じ込んでしまうと、ループにハマりがちです。

私は記憶力がよくないから資格は取れない。

なぜなら、前に挑戦して失敗しているから。

なぜなら、学校の成績も良くなかったから。

なぜなら、、、

と、資格を取れない理由ばかりが浮かんでしまうからです。

だから、こうなる前に、マインドがささやいてきたら「本当に本当だろうか?」と自問してみてください。

そのときに注意してほしいことがあります。

「マインドの声なんて気にしない」で済ませようとすることです。

「気にしない」ようにしようとしても、人間は気にしてしまう動物です。

そもそも「気にしない」と言っても、具体的になにをどうすればいいのかわかりませんよね。

「マインドの声をシャットアウトせよ!」と自分に命じても無意識に浮かんできてしまうのです。

「気にしないようにする」というのは正直効果がありません。

一歩踏み出すかどうかの選択権は自分にある

選択権は自分にある

今回お伝えしたように、マインドがネガティブなことをささやくことは誰しもあると思います。

でも、そのささやきを信じるか、信じないかは本人が選択できるのです。

あなたはこの選択をこれまで何度もしてきたはずです。

例えば

あなたのマインドが「この人をぶん殴ってやりたい!」とささやいてきたけれど、あなたはそうしなかった。

「失敗するかも・・・」と、ささやいてきたけれど、あなたはやることにした。

「疲れたからもうやめたい」と、ささやいてきたけれど、あなたは最後までやりきった。

そんな経験が必ずあるはずです。

私たちは、マインドがつぶやいてきたことを信じるか、信じないかの選択権をもっている。

マインドのささやきとは異なる行動をすることができる。

ぜひ、そのことを覚えておいてくださいね。

最後に

今回は、マインドのささやきにダマされず一歩踏み出す方法についてお伝えしました。

マインドは強烈なパワーを持っています。

だから、私たちはマインドのささやきをすぐに信じ込んでしまいがちです。

しかし、私たちはささやきを信じることなく、新たな行動を起こすこともできるのです。

まずは、ささやきを紙に書き出して「本当にそうか?」と自問することから始めてみましょう。

マインドにダマされず一歩踏み出すことができると、世界がガラリと変わっていきます。

  • やりたいことをやっている
  • 自分のチカラを発揮できている
  • 前に進み目標を達成している

そんなあなたに出会えるはずです。

ぜひ、一緒に一歩を踏み出していきましょう。

無料オンライン講座はこちらから

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次